会社概要

社名 株式会社アサモク
代表 代表取締役社長  多田 啓
設立 昭和27年11月
資本金 6000万円
所在地 〒838-0813 福岡県朝倉郡筑前町依井1066−8 >>MAP
TEL:0946-24-6111 FAX:0946-22-6825
事業内容

地場工務店、ゼネコン向けの建築資材、サッシ、木材の販売と配達、一般の方への販売
サッシ・ドア・エクステリアの修理(雨戸含む)
月2回の木材市場(事業市)
DIY関連(木材、床材等)の販売と配達
地場工務店、FP登録店の紹介
防犯建材(CPの取扱)・安全な住まいに対しての提案
その他住まいに関する質問応対(床材の補修・リフォーム・住宅機器メーカーの相談)

設備 営業部…銘木・一般材・新建材・住宅機器・ALC・各種工事(営業車3台、トラック4台、軽トラック2台、フォークリフト1台)
サッシ課…住宅用サッシ・エクステリアなど(トラック2台)
市売課…月2回の木材製品の市売及び卸、小売(営業車1台、トラック1台、フォークリフト1台、プレーナー機器1台、パネルソー機器1台)
山林課…山林保全管理(軽ワゴン車1台)
従業員数 16名
主要取引銀行 福岡銀行甘木支店、筑邦銀行甘木支店、西日本シティ銀行甘木支店

企業理念

  • 木材、建築資材、サッシの販売、供給を通して工務店、施主に対して不足、不便、不自由を感じさせぬ様に向い合う事で社会に貢献していく
  • 法律を遵守し、公正な取引を行い、自由競争による営業活動を徹底する
  • 世界情勢、各市況、産業構造の変化に併せ、常にその時代に応じた最適の組織となるように自己変革を行う
  • 地球環境問題を踏まえ、より環境負荷の低い提案を取引先に提案して行くと共に、自らの企業活動に於いても日頃から実践を行う

沿革

昭和27年11月 資本金250万円にて朝倉木材株式会社設立(材木商)
昭和29年4月 代表取締役 多田 康敏 就任
昭和39年8月 朝倉郡三輪町に土地13,600uを買収し事業所を移す 資本金1,000万円に増資する
昭和45年1月 建材部設立  銘木・新建材・住宅機器の販売を開始
昭和47年6月 サッシ部設立 住宅用・ビル用サッシの販売を開始
昭和48年8月 事業の拡大にともない資本金を4,000万円に増資する
昭和52年4月 山林部設立
昭和52年7月 木材部を設立 素材・製品の卸売の外、銘木一般の小売販売を開始
昭和57年12月 事業の拡大にともない資本金を6,000万円に増資する
昭和60年1月 株式会社 アサモクに社名変更 美和いろは
平成8年4月 F・Pグループ代理店開設
平成15年7月 素材の卸売を廃止  不動産の賃貸業開始
平成18年9月 事業部開設
平成19年5月 小売木材保管用テント設置
平成19年6月 ジオパワーシステムへ加盟
平成20年6月 市売倉庫への木材保管用テント設置
平成21年4月 代表取締役 多田 啓 就任
平成23年10月 ジオパワーシステム 初施工(福岡市)
平成25年12月 自社不動産物件 美和いろは(1号棟,2号棟,3号棟)竣工

コラム

内装工事イメージ
アサモクと山との関わり
アサモクは創業以来、自社社有林を朝倉市(旧甘木市)に保有しております。現在では、植林、下刈り、間伐、全伐のサイクルを定期的に行っております。ここ朝倉地域は、慢性的な水不足で悩む福岡県内の水源地の一つとなっております。

近年、全国的に荒廃林(人の手が入らず荒れた山林)が、相続人の不在、所有者との連絡が取れないなどの理由から増えております。荒廃林は風水害や土砂災害を引き起こす原因になり、山林の保水能力も低下していきます。

水源地や防災の為にも、今後の地域材や地産地消の観点からも、古くて新しい循環型の山林の維持を目指してまいります。

PAGE TOP